VERSANTのスコアの上げ方とスコアアップ時間を解説

「VERSANTのスコアが上がらない」
「VERSANTのスコアの上げ方は?」
「スコアアップにかかる時間は?」

このようなお悩みはありませんか?

明確なスコアの上げ方を理解する事で、スコアアップに必要な時間も変化するので、スコアの上げ方を理解する事が大切です。

VERSANTで75点を取得しており、テスト内容を熟知している私が、VERSANTのスコアの上げ方とスコアアップ時間について徹底解説します。

この記事を読むと、VERSANTのスコアの上げ方を理解しスコアアップにかかる時間を把握することが出来ます。

この記事で得られる事
  • VERSANTの基礎知識
  • VERSANTのスコアの上げ方
  • スコアアップにかかる時間
目次

VERSANTの概要

VERSANTの基礎知識

VERSANTは、イギリスのロンドンにある世界最大の教育会社Pearson(ピアゾン)によって開発された、実践的な英語力を測るテストです。

国際的な信頼度が非常に高いテストなので、アメリカの国防総省やオランダ移民局など多くの政府機関でも採用されています。

日本国内での受験者数は、2021年時点で約40万人を突破しました。

日本たばこ産業(JT)や楽天などをはじめとした大手グローバル企業が、実践的な英語力を測定できるテストとして採用しています。

TOEICやTOEFLなど比較すると日本での知名度は高くはありませんが、今後数年で受験者は確実に増加するでしょう。

VERSANTの受験費用

VERSANTの受験費用は、受講するテスト内容によって費用が変わります。

VERSANTのスコアの上げ方

VERSANATのスコアが上がらない理由

VERSANTは、「文章構文」「語彙」「流暢さ」「発音」の4つのサブスコアを元に機械で採点されます。

各20点から80点の点数がつけられ、4つのサブスコアの平均点が総合スコアとしてレポートに記載されます。

とりわけこの中でも、「流暢さ」と「発音」が日本人には難しいとされています。

なぜなら、日常的に英語でコミュニケーションをとる機会が少ないからです。

反対に、「語彙」や「文章構文」は、集中して勉強すると比較的簡単に高得点がとりやすいカテゴリーです。

しかし、スピーキング能力は一人で対策するのには限界がありますので、スコアを上げることは容易ではありません。

また、相手の発話を正確にリスニングする能力も必要不可欠となります。

対面で行なわれる英語でのコミュニケーションで必要な能力が足りていないと、スコアを上げることは難しいと言えるでしょう。

VERSANTのスコアを上げる方法

上記でお伝えしましたが、「流暢さ」と「発音」が日本人の苦手分野だとされています。

しかしながら、VERSANTで高スコアを獲得するためには、スムーズに英語でコミュニケーションがとれているかが大きなカギとなります。

なので、分からない問題と出会った際も詰まったり時間をかけたりせず、実際の会話でのスピード感を意識し答えていくことが必要です。

難しい単語を使ったり、複雑な文法をあやふやなまま使用するよりかは、自信をもって使える単語や表現を用いるようにしましょう。

最終的には機械が聞き取れないスピーキングは得点にならないことも念頭に置き、はっきりと大きな声で発話することも重要です。

そしてオンライン英会話等で「流暢さ」と「発音」を練習し、能力を伸ばすことが、大幅なスコアアップに繋がる勉強法だと言えるでしょう。

また、読み上げられた音声を一言一句正確に復唱する問題も出題されます。

つまりVERSANTでは、聴こえた単語を正確にリスニングする必要があるのです。

そのためには、「ディクテーション」という勉強法が非常に効果的だとされています。

問題文を聞き終わるごとに音声を止めて、聞き取った文章をノートなどに手書き及び声に出して実際に再現する勉強法です。

ディクテーションは一言一句ノートに書き出す必要があるので、VERSANT向けのリスニング力が大幅にアップし、高得点を目指すことが出来ます。

スコアアップにかかる時間

VERSANTのスコア別英語力について

VERSANTのスコア別英語力を以下の表にまとめました。

日本人だけでなく他の国籍の受験者のデータも含まれているので、参考にする場合は少し注意してください。

VERSANTスコア推定される英語力
79-80ネイティブのようなスピードで行われる会話でも、相手の話を正確に理解し、意見を述べることができる。
69-78 英語でも母語と変わらず、流暢に自分の考えを表現可能。
幅広いトピックスについて上手にコミュニケーションをとれ、細かな間違いもほとんど見当たらない。
63-68ネイティブにも劣らない英語力で、コミュニケーションを行うことが出来る。
58-62英語でビジネスをするために必要だとされるレベル。英語でリーダーシップをとることが可能。
53-57英語を使用し、ビジネスを行うためには最低限のレベル。
毎日英語でのスピーキングの訓練をしなければ、維持することが難しい。
47-52海外赴任などで必要とされる基礎的な英語能力があるとされる。
日本人平均の37点よりも10点程度高いが、英語でスムーズに業務を行うためには更にレベルアップが必要。
41-46簡単な意思疎通はできるレベル。ビジネスで英語を使用するには、かなりのスキルアップが求められる。
36-40日本人平均レベル。ゆっくり大きな声で話されていれば、ある程度の理解が可能。
26-35非常にゆっくりとした速さで発音された英語であれば理解できるレベル。
20-25ゆっくりと顔を見て直接話されれば、 多少の単語は理解できる。

VERSANTが他のテストと違う点は?

VERSANTは、多くの日本人にとって他のテストよりも難易度が高いと思われます。

他のテストと違う点は、英語の知識があるかどうかだけでなく、「上手く使えるのか」という点を重要視されるためです。

そのため、高得点を取るためには高いレベルのリスニングとスピーキング能力が必要です。

日本人は、語彙や文法を理解する英語力は高い場合が多いですが、対人でのコミュニケーションの機会に慣れていない人が多いのです。

なのでVERSANTは、他のテストよりもより実践的な英語でのコミュニケーション能力が評価されるといってもいいでしょう。

VERSANTのスコアアップにかかる時間は?

VERSANTで10点スコアアップするためには、およそ1000時間(月に80時間を1年間)の学習が必要だとというデータが示されています。

特に日本人が苦手とされる「発音」と「流暢さ」を集中して勉強することが、より短い期間でのスコアアップに繋がるでしょう。

オンライン英会話などを使い、積極的に英語でコミュニケーションをとる機会を作ると、より短い期間でのスコアアップが可能になります。

日常的に英語でのインプットとアウトプットを心掛け、英語力を強化することを心がけましょう。

まとめ

VERSANTの基礎知識をはじめ、スコア別英語能力の目安、スコアアップに必要な時間についてお伝えしました。

この記事を3点にまとめると以下になります。

  • VERSANTの基礎知識 :国際的に知名度が高い英語能力判定テストで、リスニングとスピーキングの同時判定が可能。
  • VERSANTのスコアの上げ方 :求められる能力に応じて効果的な勉強を行う。
  • スコアアップにかかる時間:10点のスコアアップに、およそ1000時間(月に80時間を1年間)の学習が必要。

他のテストでは測れない、より実践的な英語力を知りたい方は、VERSANTを受験してみてはいかがでしょうか?

もし高得点を獲得することができれば、国内外問わず大手企業や留学先に評価されること間違いなしです。

今回の記事が、VERSANTの受験を考えられている方の参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

VERSANTアカデミーでは、過去受講経験のあるライターが、対策、おすすめ教材、スクール等のVERSANTに関する専門情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる